「症状と肝臓の関係」の記事一覧

カテゴリの概要

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれていることをご存知でしょうか?
肝臓には予備能の呼ばれる自己修復機能がついており、少々の障害では症状が現われないためです。
そのため自覚症状が少なく気づいたときには中度~重度の肝機能障害になっている場合があります。

しかしながら早期の段階でも多少なりとも身体には不調があらわれることがありますので、
そうした症状をいち早く察知し、早めの対処をすることが大切です。

ここでは、

  • その症状と肝臓との関係性は?
  • その症状による肝臓の病気の可能性は?
  • 軽減、改善、対処方法は?

といった内容を中心にまとめています。

ページの先頭へ