血液検査の中には肝臓の状態を示す項目がいくつかありますが、中でもASTやALTはこれを如実に表す項目です。

肝臓の病態を把握するための重要な肝機能マーカーといえるでしょう。

しかし、ASTやALTとはどういうもので、この数値によって何がわかるのでしょうか?

また、基準値より高い結果が出てしまったら、どうすれば良いのでしょう?

ここでは、ASTとALTの詳細や肝機能との関係を中心に、検査結果の見方や改善の方法について、詳しく紹介します。

AST(GOT)、ALT(GPT)とはどういうものか?

まずは用語の説明をしましょう。

ASTとは“アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ”の略で、

肝臓や心筋、骨格筋、腎臓などの多くの組織の細胞に存在している酵素です。

ALTは“アラニンアミノトランスフェラーゼ”の略で、様々な組織にも存在しますが、特に肝臓に多く含まれる酵素です。

以前、ASTはGOT、ALTはGPTと呼ばれていたので、

古い検査結果と比べると表記が違っていることがあります。

 

高くなる原因

ASTもALTも通常なら細胞内部で働く酵素なので、血液中に含まれる量は決して多くありません。

でも、何らかの異常により細胞が破壊されると、細胞中のASTやALTが血液中に放出されてしまいます。

血液中の濃度が高くなる原因は、細胞の破壊によるものなのです。

逆に言うと、血液中にこれらの酵素が存在するということは、

細胞が壊れる原因を抱えていることになりますね。

 

ですから、この血液検査の数値が高いということは、

肝臓をはじめ、心臓や甲状腺など、

体のどこかに細胞が破壊されるほどの異常があることが疑えるわけです。

特にALTは肝臓に多い酵素なので、

この数値が高いことは肝細胞が破壊されている可能性が高いことを意味するのです。

 

基準値と重症度の数値の見方

検査結果の基準値には範囲がありますが、この値は検査機関や検査方法によって多少異なります。

目安となる数値を以下の通り挙げますので、参考にしてください。

検査結果が手元にある場合は、その検査機関や方法による基準値が明記されているので、

そちらを優先してください。

基準値

それでは、ASTとALTの基準値の例を見てみましょう。

表1.AST・ALTの基準値
血液検査の項目基準値
AST(GOT)14~32 IU/ℓ
ALT(GPT)8~41 IU/ℓ

※ AST・ALTは基準値より数値が低い場合は、通常問題になりません。

 

なお、基準値とは「医学的に正常か異常かを判断するための目安」です。

なので、基準値内である場合は、基本的に問題がないと解釈できます。

また、一般に、基準値より高い・低いといった場合は、何らかの異常があると理解しましょう。

ただし、基準値外となった数値のレベル(どの程度逸脱したか)や検査項目によって、

異常の意味合いも「要経過観察」から「要治療」まで様々
ですので、

検査結果にある「判定区分」に従って再検査・精密検査などの対応をとるようにしてください。

重症度の判定

血液検査の中には基準値より高い・低いといった判定で肝機能の状態を把握するものが多いのですが、

ASTとALTの場合は表2にあるように、

その数値のレベルによって重症度や疑われる疾患もある程度判断することができます。

表2.AST・ALTの数値レベルによる重症度と疾患
 検査数値(IU/ℓ)重症度疑われる主な疾患
AST33~100軽度慢性肝炎、肝硬変、脂肪肝、アルコール性肝炎、薬物性肝障害、心筋梗塞、溶血など
101~500中等度急性肝炎、慢性肝炎、アルコール性肝炎、肝臓がん、心筋梗塞、進行性筋ジストロフィーなど
501以上高度劇症肝炎、急性肝炎、心筋梗塞、大量出血など
ALT42~100軽度慢性肝炎、脂肪肝、アルコール性肝炎、肝硬変、薬物性肝障害、急性胆管炎、胆石など
101~500中等度急性肝炎、慢性肝炎など
501以上高度急性肝炎、劇症肝炎、慢性肝炎の急性増悪期など

 

検査からわかることと疑われる病気

前述の通り、ASTとALTの数値が高いということは、肝細胞が破壊されていることを意味します。

特にALTは肝臓に多く分布する酵素なので、

この数値が高い時は肝臓に何らかの異常があると考えてよいでしょう。

肝臓の異常とは、表2で触れたように、急性・慢性肝炎、肝硬変、脂肪肝、アルコール性肝炎、

薬物性肝障害、劇症肝炎などがあります。

 

肝炎

肝炎は肝臓が何らかの原因(アルコール性肝炎の場合はアルコール)により炎症を起こしている状態ですが、

これが進行すると肝硬変になります。

また、急性肝炎のうち、発病当初から症状が急激に進み、

意識障害などの肝不全症状が出るものを劇症肝炎といいます。

命にかかわる疾患です。

肝硬変

肝硬変とは、肝炎によって傷ついた細胞が修復を繰り返しているうちに線維化し、肝臓全体が硬くなった状態です。

肝細胞は線維化すると本来の働きができなくなってしまうため、

肝臓としての機能も低下してしまいます。

脂肪肝

脂肪肝とは、肝臓に中性脂肪やコレステロールが溜まった状態…いわば“肝臓の肥満症”ですね。

脂肪肝は動脈硬化などの生活習慣病の原因にもなり、重篤な疾患へ発展する可能性もあります。

さらに、服用している薬が肝臓の処理能力を超えてしまうと、

薬剤性肝障害を引き起こすことがあります。

抗生剤や鎮痛剤などの過剰服用で起こりやすいほか、

体質によっては薬剤に対するアレルギー反応により肝障害を起こす場合もあります。

肝臓以外の可能性

ASTが高い場合は他の器官の異常も考えられるので、心筋梗塞や筋ジストロフィー、

甲状腺機能亢進症、溶血などが原因になっている場合もあります。

AST/ALT比とは

通常、ASTとALTは同時に調べます。この2つの構成比で、さらに疑われる疾患を絞り込むことができるのです。

これを「AST/ALT比」といいます。

AST/ALT比によって絞り込める疾患は次の通りです。

表3.AST/ALT比と疾患
 疑われる病気 
AST/ALT比AST>ALT:急性肝炎、アルコール性肝炎、肝硬変、肝臓がん、心筋梗塞、筋ジストロフィーなど
AST<ALT:急性肝炎、アルコール性肝炎、慢性肝炎、劇症肝炎後期、脂肪肝、急性胆管炎など

 

下げるにはどうすれば良いのか?

では、ASTとALTの値が高かった場合、どうすれば良いのでしょうか?

ASTやALTだけでは“○○という病気”という判断はできません。

まずは指示に従い、超音波やCT、MRIなどの精密検査を受け、

確定診断を得ましょう。

確定診断が得られたなら、その病気や状態によって医師などから指導があります。

 

例えば、アルコール性肝炎や脂肪肝なら食生活の改善が必要です。

禁酒はもちろん、高糖質・高脂肪な食事はやめて、

バランスのよい食事内容にすることが大切です。

 

慢性肝炎なら定期的な通院のもとに経過観察を行い、

食事のバランスや規則正しい生活を送るような指導があります。

 

肝硬変の場合は病態や合併症の有無などにより食事療法が変わりますので、

医師や栄養士の指導を受け、数値の改善に努めましょう。

 

また、多くの肝疾患の改善に有効なのは“十分な睡眠”“ストレス軽減”“規則正しい生活”でと言われています。

これを実践することで、余計な負担を肝臓にかけずに済むためです。肝臓は再生能力がとても高い器官なので、

きちんと休ませてあげれば正常な細胞が増えてきます。

生活習慣の見直しは大変なことですが、徐々に効果が出てきますので、頑張って続けるようにしましょう。

肝臓サプリでASTとALTを改善する人も!

お仕事で忙しかったり、生活スタイルでなかなか食生活改善できないかたもおおいはず。

そんな時は肝臓に良い栄養素が入った肝臓サプリメントを試してみるのもよいです。

当サイトの調査でも約4割の人が肝臓サプリを服用を始め、

肝臓数値の改善を体感できた結果が出ています。

当サイトでは数あるサプリの中から、特に口コミで評判が良かったものを、

ランキング形式にしていますので、参考にしてみてください。