コレステロールの中でも注目度が高いHDLコレステロール。

“善玉コレステロール”といった方が馴染みがあるかもしれません。

でも、“善玉”だから数値が低いのは良くないと思うけれど、

その理由までは…という人も多いのではないでしょうか?

ここでは、HDLコレステロールが低いと良くない理由や、その原因・病気などについて、

肝疾患を中心にお伝えします。

HDLコレステロール(HDL-C)とは?

コレステロールは肝臓で作られる、生体内で重要な役割を持つ脂質の一種です。

しかし、脂質のままだと水分が多い血液に馴染むことができないでの、

水に馴染みやすいたんぱく質と結合して、血液とともに全身に運ばれていきます。

この結合体を“リポたんぱく”といいます。

 

リポたんぱくにはいくつか種類がありますが、

中でもコレステロールや中性脂肪の含有量が一番少なく、

サイズも最も小さいのがHDLコレステロールです。

HDLコレステロールの役割は、血液中を流れながら組織や血管の隙間に入っていって、

余分なコレステロールを回収することです。この働きのため、

別名“善玉コレステロール”と呼ばれています。

コレステロールを体中へ供給するLDLコレステロールと共に、

体内のコレステロール量をコントロールしているわけです。

 

HDLコレステロールの数値が低いということは、

血管内などに余分なコレステロールが溜まることにつながるので、

動脈硬化のリスクが高まるとして問題になります。

 

低くなる原因

HDLコレステロールが低くなる場合、後述する疾患が原因となって起こることも

ありますが、これを除くと考えられる原因は“喫煙”です。

タバコを吸うと、血液中のLDLコレステロールが増え、中性脂肪の合成を促し、

その一方で、HDLコレステロールが減るというデータがあるのです。

これは、タバコに含まれるニコチンなどの作用で、

脂質代謝に関わる酵素が不活性化されるためと考えられています。

 

また、運動をするとHDLコレステロールが増えることが知られていますが、

運動不足ではその逆となります。

加えて、油っこい食べ物を摂りすぎると脂質の代謝に異常をもたらし、

中性脂肪やLDLコレステロールを増加させ、

HDLコレステロールを減少させてしまうといわれています。

このように、HDLコレステロールが低くなる原因は、その人の生活習慣に原因がある

場合が多く見られます。

 

基準値の見方

検査結果の基準値には範囲がありますが、

この値は検査機関や検査方法によって多少異なります。

目安となる数値を以下の通り挙げますので、参考にしてください。

検査結果が手元にある場合は、その検査機関や方法による基準値が明記されているので、

そちらを優先してください。

それでは、HDLコレステロールの基準値を見てみましょう。

HDLコレステロールの基準値
血液検査の項目基準値
HDLコレステロール(HDL-C)男性 40~85 ㎎/㎗
女性 40~95 ㎎/㎗

 

なお、基準値とは「医学的に正常か異常かを判断するための目安」です。

なので、基準値内である場合は、基本的に問題がないと解釈できます。

HDLコレステロールに関しては、数値が少々高くても問題視されることはありませんが、

低い場合は動脈硬化のリスクが高いとして、

LDLコレステロールの数値と併せて注意が必要になります。

 

具体的には、40㎎/㎗未満の場合に“低HDLコレステロール血症”と診断されます。

なお、一般的に、HDLコレステロールは男性よりも女性の方がホルモンの影響を受けて

高くなる傾向があります。

本記事では基準値を男女別で掲載していますが、健康に関しての男女差は少ないとして、

統一した基準値を設けている場合もあります。

 

検査でわかることと疑われる病気

HDLコレステロールの検査は、“動脈硬化の進行状態”を判断する指標として用いられます。

HDLコレステロールの血液中の濃度が低いということは、

余分なコレステロールの回収ができないことを意味します。

これにより、血管の内側の壁に余分なコレステロールが付着したままとなり、

動脈硬化を促進する原因になります。

動脈硬化は進行すると狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの重篤な疾患に発展する可能性があります。

 

数値が上がる原因には、喫煙や食べ物の好みなど生活習慣に起因している場合もあります。

最悪の場合、死に至るケースも考えられますので、

軽度のうちに症状の改善に努めましょう。

また、体のどこかに異常があって、HDLコレステロールの数値が下がる場合もあります。

特に、コレステロールを合成する肝臓に炎症があると、

十分な量のコレステロールを作る機能が維持できず、数値が下がってきます。

急性肝炎・慢性肝炎などで見られる症状です。

このため、肝機能障害の指標としても用いられています。

他に、腎臓の疾患や、慢性膵炎などでも数値が低くなります。

HDLコレステロールが基準値より低い場合に疑われる病気
HDLコレステロール疑われる病気
低い(40㎎/㎗未満)低HDLコレステロール血症、急性肝炎、慢性肝炎、腎疾患、慢性膵炎など

 

上げるにはどうすれば良いのか?

肝臓の炎症など、病気によりHDLコレステロールの数値が低くなっている場合は、

その治療が第一です。

ですが、生活習慣にも原因がある場合が多いのも、特徴の1つです。

HDLコレステロール値を上げたいならば、病気の治療と並行して、

生活習慣を見直してみることをお勧めします。

まず行うべきは、禁煙です。

タバコを止めることによって、HDLコレステロールの数値が

改善する例は多くあります。試してみる価値は高いですよ。

 

もし、肝疾患がないのであれば、少量の飲酒はHDLコレステロール値の改善に効果があります。

しかし、あくまでも“適量”を厳守できる人の場合のみです。

ついつい飲みすぎてしまう可能性が少しでもあるなら、手を出してはいけません!

 

また、HDLコレステロールを直接的に増やすわけではありませんが、

肝疾患がある人でも動脈硬化の予防法として実践できるのは、

油の種類を変える方法です。

個人的にはオリーブオイルをお勧めします。

オリーブオイルには、LDLコレステロールを低下させるオレイン酸やリノール酸が豊富に含まれており、

入手も簡単です。

摂りすぎは厳禁ですが、調理に使うサラダ油をオリーブオイルに置き換えるなどして、

試してみてください。

 

オリーブオイルの風味が苦手な人は、ひまわり油でも同様の効果が期待できます。

また、肉よりも魚を多めに摂るように心掛けてください。

魚には動脈硬化を防ぎ、LDLコレステロール値を下げる効果を持つEPA(エイコサペンタエン酸)や、

DHA(ドコサヘキサエン酸)などの脂肪酸が多く含まれています。

特に、サンマ・イワシ・サバなどの青魚に多いので、積極的に料理に取り入れてみましょう。

 

一方で、運動も大切な要素です。

運動をすると、HDLコレステロール値が上がることが確認されています。

特に、有酸素運動はその効果が高いといわれています。ハードな運動を行う必要はありません。

ウォーキングやストレッチなど自分の体をこまめに動かすことを意識して、

生活習慣の改善を行っていきましょう。