ビリルビンは知らないけれど、黄疸なら聞いたことがある…という人、

結構多いのではないでしょうか?

実は、黄疸をおこす原因になるのが、このビリルビンという物質なんです。

ビリルビンは肝臓の状態を示す重要な指標の1つで、

この数値が高いと肝機能が低下していることを示します。

ここではビリルビンの詳細と、総ビリルビン値が高くなる原因や下げる方法などについて、

詳しくお伝えします。

ビリルビンとは何か?

私たちの体には大量の血液が流れています。

この血液が赤い色をしているのは、

血液に含まれる赤血球中の色素【ヘモグロビン】が酸素と結びついているからです。

赤血球も1つの細胞なので寿命があり、およそ120日経つと脾臓で分解されます。

このとき、ヘモグロビンも一緒に分解されて【ビリルビン】が生じ、

通常は老廃物として体外に排出されます。

間接型ビリルビン(I-Bil)

ヘモグロビンは脾臓で分解されると、【ヘム】と、たんぱく質である【グロビン】になり、

ヘムはさらに酵素の働きで【ビリルビン】に変化します。

これを【間接型ビリルビン(非抱合型ビリルビン)】と呼んでいます。

間接型ビリルビンはオレンジ色をした水に溶けない物質なので、

このままだと脾臓の外へ運び出すことができません。

そこで、今度は【アルブミン】というたんぱく質と結合して、肝臓へと送られていきます。

直接型ビリルビン(D-Bil)

肝臓へ運ばれたビリルビンは、再び酵素の作用(グルクロン酸抱合)によって、

【直接型ビリルビン(抱合型ビリルビン)】に変化します。

直接型ビリルビンは水に溶ける物質で、一部は血液中に排出され尿になるものもありますが、

多くは胆汁として小腸へ分泌され、脂肪の消化を行います。

のちに大腸まで達すると、腸内細菌の代謝を受け、最終的には大便として排出されます。

大便の茶色は、元をたどればビリルビンによるものなのです。

総ビリルビン(T-Bil)と検査

【総ビリルビン】とは、肝臓で処理される前の【間接型ビリルビン】と、

処理された後の“直接型ビリルビン”の2種類をあわせたものです。

血液検査では、総ビリルビン値と直接型ビリルビン値を測り、

間接型ビリルビン値はこの2つの数値の差から計算して求めます。

 

高くなる原因

正常なら、脾臓で生じたビリルビンは速やかに肝臓に運ばれ、

ほとんどが胆汁になるため、血液中に存在する量はわずかです。

しかし、血液中のビリルビン量が増えているということは、

ビリルビンを適切に処理できないような原因が肝臓にあって、

機能が低下しているということになります。

また、ビリルビンの排出先である胆道や胆管に異常がある可能性もあります。

 

基準値の見方

検査結果の基準値には範囲がありますが、この値は検査機関や検査方法によって多少異なります。

目安となる数値を以下の通り挙げますので、参考にしてください。

検査結果が手元にある場合は、その検査機関や方法による基準値が明記されているので、

そちらを優先してください。

それでは、総ビリルビンの基準値を内訳とともに見てみましょう。

 

表1 総ビリルビンの基準値
 総ビリルビン直接型ビリルビン間接型ビリルビン
基準値0.2~1.2 ㎎/㎗0~0.2 ㎎/㎗以下0.2~1.0 ㎎/㎗以下

 

ビリルビン検査の結果、問題となるのは基準値よりも高い場合で、

基準値を下回っても特に問題にはなりません。

しかし、鉄欠乏性貧血などが原因となって、低値を示す場合があります。

なお、このビリルビン検査は血液中のビリルビンを調べたもの(血清ビリルビン検査)ですが、

他に、尿に含まれるビリルビンを調べる検査(尿ビリルビン検査)もあり、

それぞれ基準値が異なりますので注意してください。

 

検査でわかることと疑われる病気

総ビリルビン値が基準値より高い場合、まず疑われるのは肝臓、胆道、胆管の異常です。

しかし、内訳の【直接型ビリルビン】と【間接型ビリルビン】の数値から、

どちらがより上昇しているかによって、

異常の部位や疑われる病気を絞り込むことができます。

 

肝臓で処理される前の【間接型ビリルビン】が多く上昇していると、

肝臓以外の部位で異常が起きている可能性も考えられますし、

肝臓で処理した後の【直接型ビリルビン】の方が上昇しているなら、

異常部位は肝臓・胆道・胆管の可能性が高くなる…というわけです。

 

表2 ビリルビンの種類による異常部位と疑われる疾患
異常値を示すビリルビン異常が考えられる部位疑われる主な疾患
総ビリルビン
直接型ビリルビン
肝臓、胆道、胆管など急性肝炎、劇症肝炎、アルコール性肝炎、慢性肝炎の急性増悪期、肝硬変、閉塞性黄疸、胆石、胆汁うっ帯、体質性黄疸など
間接型ビリルビン肝臓、肝臓以外劇症肝炎、溶血性貧血、甲状腺機能低下症、敗血症、肺梗塞、体質性黄疸、大量内出血など

 

それでは、ビリルビンの異常で疑われる肝臓の病気について、詳しく見てみましょう。

肝炎

肝炎は肝臓が何らかの原因(アルコール性肝炎の場合はアルコール)により、

炎症を起こしている状態ですが、これが進行すると肝硬変になります。

肝硬変

肝硬変とは、肝炎によって傷ついた細胞が修復を繰り返しているうちに線維化し、

肝臓全体が硬くなった状態です。

肝細胞は線維化すると本来の働きができなくなってしまうため、

肝臓としての機能も低下してしまいます。

急性肝炎のうち、発病当初から症状が急激に進み、

意識障害などの肝不全症状が出るものを劇症肝炎といいます。

命にかかわる疾患です。

閉塞性黄疸

肝臓と十二指腸を結ぶ管(胆管)が、

何らかの原因で閉塞していると胆管閉塞をおこします。

肝臓で作られた胆汁が排泄できなくなる病気です。

これにより胆汁が血液中に逆流してしまうのですが、

その結果、胆汁の色の元になっているビリルビンが、

全身の皮膚や粘膜に沈着してしまいます。

これが【閉塞性黄疸】です。

 

総ビリルビン値が2~3㎎/㎗を超えると、眼球の白い部分が黄色味を帯びてきます。

閉塞性黄疸の原因は、肝炎による胆汁うっ帯や、

胆石などにより胆汁の流れが妨げられている可能性が考えられます。

他に、遺伝的な要因でビリルビンを体外へ排出しにくくなり黄疸が現れる体質性黄疸もあります。

 

下げるにはどうすれば良いのか?

総ビリルビン値が高く、他の血液検査(AST、ALP、γ-GTPなど)にも異常が見られれば、

肝疾患の疑いがかなり強まります。

速やかに精密検査を受け、確定診断を得るようにしましょう。

 

原因が特定されれば、改善策も練れますね。

肝臓は再生能力が高い組織なので、回復も十分に見込めます。

しかし、軽く見て改善策をとらないと、肝炎から肝硬変へと進行してしまい、

回復が難しくなる可能性があるのです。

 

まずは肝臓をゆっくり休め、肝機能が回復するのを待ちましょう。

アルコール性肝炎に限らず、多くの肝疾患では禁酒が有効な手段です。

早期発見ができ、すぐに禁酒して肝臓の負担を軽くすれば、それだけ早く良くなります。

また、十分な睡眠は肝臓での代謝を抑えることができるので、

肝臓を休めることにつながります。

さらに、ストレスからおこる肝臓への負荷も軽減できるので、一石二鳥です。

肝臓は様々な働きを持つ大切な臓器です。

 

肝機能が回復してからも、不必要な負担をかけないよう、

規則正しい生活とバランスの取れた食事を心がけるようにしましょう。

肝臓サプリで総ビリルビンを改善する人も!

お仕事で忙しかったり、生活スタイルでなかなか食生活改善できないかたもおおいはず。

そんな時は肝臓に良い栄養素が入った肝臓サプリメントを試してみるのもよいです。

当サイトの調査でも約4割の人が肝臓サプリを服用を始め、

肝臓数値の改善を体感できた結果が出ています。

当サイトでは数あるサプリの中から、特に口コミで評判が良かったものを、

ランキング形式にしていますので、参考にしてみてください。