“LDLコレステロール”は悪者としてよく知られ、“悪玉コレステロール”とも呼ばれています。

この数値が高いと生活習慣病や肥満が疑われるのですが、

実は、肝臓の状態を知る指標の1つでもあります。

ここでは、LDLコレステロール値が高い場合の原因や考えられる病気、

改善方法について、肝疾患を中心にお伝えします。

LDLコレステロール(LDL-C)とは?

コレステロールは肝臓で作られる、生体内で重要な役割を持つ脂質の一種です。

しかし、脂質のままだと水分が多い血液に馴染むことができないでの、

水に馴染みやすいたんぱく質と結合して、血液とともに全身に運ばれていきます。

この結合体を“リポたんぱく”といいます。

リポたんぱくにはいくつか種類がありますが、

その中で一番比重の小さいものが『LDLコレステロール』です。

 

LDLコレステロールは、各組織に必要なコレステロールを血流に乗って運ぶ役割をしています。

しかし、LDLコレステロールが多すぎると、

細胞内に取り込まれなかった“余り”が血管内に放置され、

やがて動脈硬化を引き起こす原因になってしまいます。

このため、LDLコレステロールは別名『悪玉コレステロール』とも呼ばれているのです。

 

高くなる原因

「コレステロールの数値が上がるのは食べ物が原因」…よく言われることですが、本当でしょうか?

実は、食べ物から摂取するコレステロールが病気の原因になるケースは、

健康な日本人にはほとんどないといわれています。

…というのも、食物から摂取するコレステロールは約20%、

残りの80%は肝臓で作られているからです。

では、LDLコレステロール値が高くなる原因はどこにあるのでしょうか?

これには3つの要因が考えられます。

肥満・過度の飲酒・喫煙

肥満の人は体内に蓄えられている中性脂肪の量が多いのですが、

これによりHDLコレステロールが減少することが知られています。

HDLコレステロールにはLDLコレステロールを減らす働きがあるのですが、

中性脂肪の増えすぎにより、

結果としてLDLコレステロールが増える結果を招いてしまいます。

 

また、過度のアルコール摂取や、タバコに含まれるニコチンには、

中性脂肪の合成を促進させる働きがあります。

その結果、LDLコレステロールが増えることになります。

加齢

コレステロールは細胞を包む細胞膜、ビタミンD、副腎皮質ホルモンや、

胆汁酸の材料として使われています。

加齢によって、これらの消費量よりも摂取量の方が多くなってくると、

コレステロール値が高くなる傾向があります。

ストレス

強いストレスは交感神経を刺激し、

副腎皮質ホルモンを活発に分泌させるようになりますが、

このホルモンには血液中の遊離脂肪酸の量を増やす働きがあり、

結果的に血液中のLDLコレステロールを増やしてしまいます。

代謝の異常

コレステロールは、胆汁酸の原料であるため、肝臓で胆汁酸に変換され、

胆汁中に排泄されます。

しかし、病気などによりこの過程に異常が生じると、

原料として利用されず血液中に滞り、数値が高くなることがあります。

健康なら食事の影響を受けにくいLDLコレステロールの量も、

こういった要因があると、食事内容を反映してさらに高い結果が出やすくなるので、

注意が必要です。

 

基準値の見方

検査結果の基準値には範囲がありますが、

この値は検査機関や検査方法によって多少異なります。

目安となる数値を以下の通り挙げますので、参考にしてください。

検査結果が手元にある場合は、その検査機関や方法による基準値が明記されているので、

そちらを優先してください。

それでは、LDLコレステロールの基準値を見てみましょう。

LDLコレステロールの基準値
血液検査の項目基準値
LDLコレステロール65~139 ㎎/㎗

なお、基準値とは「医学的に正常か異常かを判断するための目安」です。

なので、基準値内である場合は、基本的に問題がないと解釈できます。

 

LDLコレステロールの数値が低い場合は、血管の強度に問題がある可能性も考えられますが、

ここでは数値が高い場合について述べます。

コレステロール値が高い人の中には、遺伝的要因がある場合もあります。

LDLコレステロール値が180㎎/㎗以上なら、その可能性が考えられます。

しかし、一般的には基準値を超えてしまったら“高LDLコレステロール血症”と診断されます。

なお、女性の場合、閉経によって、LDLコレステロールの分解・排泄を促す働きがある、

“エストロゲン”の分泌が減少することにより、

数値が高くなる傾向があります。

前回の検査と比較する際は、考慮しておきましょう。

 

検査でわかることと疑われる病気

LDLコレステロールの検査結果が基準値を上回っていた場合、

考えられるのは“動脈硬化の進行”です。

動脈硬化とは1つの病名ではありません。

血管の弾力が失われて硬くなり、

内側の壁にLDLコレステロールなどが溜まって狭くなった結果、

血液が流れにくくなっている状態のことです。

動脈硬化が進むと血管が細くなったり詰まったりして、

心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化性疾患の原因になる可能性が高くなるので注意が必要です。

 

また、脂肪肝のように体内の脂肪量が多い人では、LDLコレステロールが高くなる傾向があります。

他にも、肝臓でLDLコレステロールを胆汁酸に変換できなくなったり、

胆汁中へ排出できなくなったりする原発性胆汁性肝硬変や閉塞性黄疸、

胆石などの肝疾患も考えられます。

以上を含め、LDLコレステロールが基準値を超えた場合に疑われる疾患について、

表にまとめましたので、ご覧ください。

LDLコレステロールが基準値より高い場合に疑われる病気
LDLコレステロール疑われる病気
高い(140mg/㎗以上)高LDLコレステロール血症、原発性胆汁性肝硬変、閉塞性黄疸、脂肪肝、胆石、甲状腺機能低下症、ネフローゼ症候群、クッシング症候群、急性膵炎、糖尿病など

 

下げるにはどうすれば良いのか?

肝臓の機能障害としてLDLコレステロールが高くなっている場合(原発性胆汁性肝硬変、閉塞性黄疸など)は、

肝臓の回復が優先事項になります。医師の指示に従いましょう。

肝臓がしっかりと機能し始めれば、不要なLDLコレステロールは胆汁酸として排出され、

数値は下がってくるでしょう。

 

同時に、食事からコレステロールを摂取しすぎないように注意することも大切です。

コレステロールの摂取基準は2015年4月に厚生労働省により撤廃され、

日本動脈硬化学会も

「食事によるコレステロール値への影響は少ない」としていますが、

LDLコレステロールが高い人については、「摂取を控えるべき」という見解があります。

 

肝機能の低下により血液中のLDLコレステロール量をコントロールできず、

過剰な状態になっているわけですから、

外部からの供給は控えた方が良いというわけです。

コレステロールを多く含む食品は、鶏卵、魚卵、イカ(するめ、さきいか)、エビ、

レバーなどです。お酒の席で目にするものも多いですね。

特に鶏卵は食品での使用頻度が高く、加工品でも注意が必要です。

特にマヨネーズ好きの人は気を付けましょう。

 

医師などからは、以上のように指導されることが多いと思います。

…が、個人的にはさらに踏み込んで、積極的に排出する方法をお勧めします。

それは“食物繊維を摂ること”です。

中でも海藻類に含まれる“アルギン酸”はコレステロールを排出することで知られています。

昆布やわかめのヌメリの成分ですので、メニューに取り入れてみてください。

 

なお、遺伝的要因による場合は、食事からの摂取量を控えても、

効果は期待できないようです。この場合は投薬による治療が中心となります。

 

一方で、適度な運動を取り入れることも必要です。

摂取を抑える一方で、消費量を増やしてあげるわけです。

中でも脂肪が燃焼しやすい有酸素運動が最適です。

ウォーキングやストレッチなど、体が疲れすぎない程度に行うようにしましょう。

血流が促進されて代謝が高まり、数値の改善につながります。

 

また、適度な運動はストレスの緩和にもつながります。

ストレスが少なくなれば、副腎皮質ホルモンの分泌が抑制され、LDLコレステロールを

増やさずに済みますので、一石二鳥です。毎日の生活に取り入れるとよいでしょう。

しかし、食事や運動といった生活習慣の改善が見られず、

数か月以上経過してもLDLコレステロール値が下がらなかった場合は、

投薬治療が開始されます。

コレステロールを下げる薬の副作用は少ないといわれていますが、

それでも肝臓に負担をかけることに違いはありません。

できるだけ生活習慣を見直して、薬に頼らず、数値の改善に努めましょう。

肝臓サプリLDLを改善する人も!

お仕事で忙しかったり、生活スタイルでなかなか食生活改善できない方も多いはず。

そんな時は肝臓に良い栄養素が入った肝臓サプリメントを試してみるのもよいです。

当サイトの調査でも約4割の人が肝臓サプリを服用を始め、

肝臓数値の改善を体感できた結果が出ています。

当サイトでは数あるサプリの中から、特に口コミで評判が良かったものを、

ランキング形式にしていますので、参考にしてみてください。