肝臓ケアを考える人なら『牡蠣・亜鉛サプリ』は聞いたことが多いかもしれません。

最近はTVCMや広告などでも見かけることが多いです。

牡蠣はタウリンや亜鉛という栄養素が豊富で、それが肝臓に良いんですね♪

そんな牡蠣サプリですが、数多くあるので初めて選ぶ際は迷ってしまうのではないでしょうか?

そこで、ここではアンケート調査や比較検討した結果をもとに、

おすすめのサプリメントをランキング形式でご紹介!

またそもそも牡蠣の肝臓への効果とは?副作用はないのか?という点についても解説していきます。

種類がある!牡蠣は肝臓にどう効果があるの?

実は一口に肝臓に良い食材や栄養素といっても、肝臓への作用は微妙に違うことをご存じでしょうか?

主に肝臓に良いとは下記のような内容にわけることができます。

  • 肝臓を守る
  • 代表栄養素:クルクミン
    肝臓は有害物質や酸化物質が多くなりすぎると、負担になり、やがて肝機能が低下します。
    そこで抗酸化作用の栄養素を摂取することで、肝臓を守る働きをします。
    主に二日酔い改善、肝機能の低下を防ぎます。

  • 肝臓を作る(再成する)
  • 代表栄養素:オルニチン、アミノ酸
    肝臓は自己修復機能を助け、肝臓を再生する働きを促進させます。
    肝機能の数値、脂肪肝などの改善につながります。

  • 肝臓の働きを補助する
  • 代表栄養素:タウリン、亜鉛
    肝機能の処理能力をアップさせ、肝臓の働きを促進させます。
    肝臓はアルコール・有害物質などを解毒する器官ですので、
    処理能力をアップさせれば、二日酔い改善や倦怠感・だるさ改善につながります。

肝臓にダメージを与える前に守ること、

肝臓自体の処理能力を高めること、

肝臓の再生能力を高めることの3つに分かれるんです。

 

では牡蠣はこの中の何に該当するのでしょうか?

タウリンや亜鉛という栄養素が豊富ですので、

『肝臓の働きを補助する』ということに特に長けているんです。

具体的には、肝臓がおこなう過剰なコレステロールや中性脂肪、重金属などを胆汁中に排出したり、

アルコールなどの有害物質を無害化(解毒)したりする働きを補助します。

牡蠣サプリはどんな人におすすめ?

基本的には一部を除き、肝臓が気になる方であれば服用していただいてかまいません。

ただ肝臓の働きを補助することに長けているので、

最近お酒を飲む量が増えて2日酔いが多くなった、

寝ても倦怠感や疲れが残るという人におすすめです。

 

昔よりも肝機能が衰え、

同じ量を飲んでいるのに昔より酒が残る、2日酔いしやすくなった、

昔よりも寝ても疲れがとれず倦怠感が残る、

健康診断で肝臓の数値が悪くなった、脂肪肝と診断された、

といった方でももちろん良いですが、

どちらかといえば、いつもよりも肝臓に負担をかけた生活になり、

処理が間に合っていないというケースに牡蠣サプリが有効です。

 

また肝硬変まで進んでしまっている人、C型肝炎の人はしじみサプリはダメです。

牡蠣に含まれる亜鉛が逆にこれらの症状を進行させてしまうからです。

肝炎の人は肝硬変への進行を遅らせることも

牡蠣は基本、肝機能の働きを補助することを得意としますが、

栄養素として亜鉛とアミノ酸が含まれています。

この2つは肝臓の修復に使われたり、

肝硬変の原因となる肝臓の線維化を抑制する働きがあります。

特に牡蠣の亜鉛の含有量は家庭食材でもトップクラスです。

表3 食品中の亜鉛量ランキング(食品100g中)
ランキング食材名
1魚介類/かき/くん製油漬缶詰25.4
2穀類/こむぎ/[その他]/麦はいが15.9
3魚介類/かき/養殖、水煮14.5
4魚介類/かき/養殖、生13.2
5魚介類/(かつお類)/加工品/塩辛11.8
6魚介類/あわび/水煮缶詰10.4
7調味料及び香辛料類/パプリカ/粉10.3
8魚介類/ぼら/からすみ9.3
9肉類/うし/[加工品]/ビーフジャーキー8.8
10肉類/ぶた/[その他]/スモークレバー8.7

 

おすすめの牡蠣サプリランキング!

牡蠣のチカラα

  • 評判
    牡蠣成分
    価格
    有名度
    肝臓サポート成分 牡蠣、マカ、高麗人参
    通常価格 4,800円
    定期購入価格 2,980円(1,820円OFF!)

 
 

ここがおすすめ!

  • 牡蠣エキスが他よりも多く、肝臓を強力サポート!
  • 肝臓サポート成分ほか、滋養強壮成分も配合!

こんな人に向いている!

最近お酒を飲む機会が増えた前より二日酔いが多い、お酒に弱くなった寝ても疲れが残る、だるい肝機能の数値が悪い、脂肪肝であるお肌の調子が悪い

牡蠣サプリで最も人気なのが『牡蠣のチカラα』です。
なんといっても良質な牡蠣の栄養素の含有量が他と比較しても断トツ!比較的割安で試せるのも利点です。
さらにマカや高麗人参といった、滋養強壮や新陳代謝の活性化に良い高級栄養素もあるため、
疲れ気味の身体にもうってつけです。

利用者の声を聞いてみました!


見た目はとても苦そうなかんじですが味は薄く飲みやすいサプリです。気になることといえば漢方薬のような臭いがツンとする程度ですね。深く眠れるようになり悩んでいた睡眠の乱れが正常になっていっているような気がします。下半身の浮腫みも改善され知人から痩せた?と言われるようになりました。。
(30代女性)

肝臓に痛みがあったり、自覚症状があるわけではありませんでしたが、サプリ使用することで肝臓をいたわろうとする意識を持ち続けることができました。おかげで運動と食事に気を使うようになり、肝機能の検査値も少し改善がみられてきました。
(20代男性)

私は、脂肪肝で肝機能が低下していました。亜鉛が良いと聞いて、サプリメントで摂取することを思いついたので、購入することにしました。
あまり高いのは、ちょっと手がでないので、手頃なものから選んだ感じです。
摂取しはじめて半年ほど経ったとき、血液検査をすると肝機能の数値が正常値になっていました。
もともと、肝機能の数値が悪いといっても正常範囲をすこしオーバーする程度でしたが・・。
(40代男性)

肝パワーEプラス

  • 評判
    牡蠣健康成分
    価格
    有名度
    肝臓サポート成分 牡蠣、にんにく、高麗人参、梅
    通常価格 4,500円
    定期購入価格 4,050円(2箱以上)

 

ここがおすすめ!

  • 20年続く信頼性の高さと人気度!
  • モンドセレクション金賞の評価の高さ!

こんな人に向いている!

最近お酒を飲む機会が増えた前より二日酔いが多い、お酒に弱くなった寝ても疲れが残る、だるい肝機能の数値が悪い、脂肪肝であるお肌の調子が悪い

肝臓サプリの先駆けといえる商品が『肝パワーEプラス』です。
20年以上続いている人気の高さ、モンドセレクション金賞の実績からとても信頼性が高いことがわかります。
実際肝機能サポート成分はもちろんのこと、身体に活力を与える成分も沢山含まれるため、
肝臓機能の低下による、やる気低下や倦怠感を改善したい人におすすめです。

利用者の声を聞いてみました!


年々、お酒に弱くなり、翌日の二日酔いや怠さなどがひどくなっていました。
しかし肝パワーEプラスを飲むと、それらの症状が全くと言うほどみられず、朝もすっきり起きることができます。
今は飲み会の時の必須サプリでお気に入りです。
(30代女性)

飲むと少しは数値が改善されるかなと思い、なかなか病院に行けないから、甘いものや油物を控えるようにしました。肌もかゆくなりがちだったけれど、野菜やきのこ類や豆腐や大豆を中心に食事をとるようにして、サプリメントをとったら、体調がよくなりました。サプリメントでも効果はあると思います
(30代女性)

アルコールを飲む機会が多かった時期に使用したことが度々ありましたが、飲酒の前に使用するのには効果があり、嫌な二日酔いを見防止することができた印象があります。しかし、飲酒したあとに使用したときは、逆に気分が余計に悪くなったのでことがあるのでタイミングを間違えないように気をつけた方が良いと思われます。
(50代男性)

レバリズム・L

初回モニター価格980円実施中!

  • 評判
    牡蠣成分
    価格
    知名度
    肝臓サポート成分 牡蠣、しじみ、ウコン、レバー肝臓エキス
    通常価格 5,980円
    定期購入価格 3,980円(2,000円OFF!)

 

ここがおすすめ!

  • 必要な肝臓サポート栄養素が濃縮!
  • 配合される食材・素材が高品質!
  • TVでも紹介され、口コミ満足度が高い!

こんな人に向いている!

最近お酒を飲む機会が増えた前より二日酔いが多い、お酒に弱くなった寝ても疲れが残る、だるい肝機能の数値が悪い、脂肪肝であるお肌の調子が悪い

肝臓の悩みをサプリでどうにかしたい!と考えている人に最もおすすめがレバリズム・Lです。
肝臓に良いとされるしじみや牡蠣はもちろんですが、さらに一緒に摂取すると相乗効果が期待できる必須アミノ酸やビタミンも配合。
厳粛な品質管理によって作られたサプリなので、その良さは口コミ人気の高さからもうかがえます。
価格は他のサプリよりも高めですので、『値段よりも確実に肝臓をどうにかしたい!』という人におすすめのサプリメントです。
また現在は980円のお試しキャンペーンも実施しています。

利用者の声を聞いてみました!


油がもたれるようになってきてレバリズムを友達に勧められて飲み続けていると、だんだんと良くなってきたように感じます。
粒なので飲むのが苦痛に感じる事もなく、毎日飲み続けれる事ができました。お酒を飲んでも次の日まで気持ち悪くなることもなくなりました。
(30代女性)

職業柄お酒を飲む機会が多く、何軒もハシゴくらいで、酔い潰れて抱きかかえられて帰る事が多かったですが、レバニズムを飲んでからは何杯飲んでも、顔色一つ変えずに自宅に1人で帰れるようになりました。ただ、2回目以降の購入は初回よりコストが倍以上高くなるので、なかなか続けて利用しにくいです。
(30代女性)

毎日夫と一緒に晩酌するのが楽しみだったのですが、ここ数年疲れやすいと感じていたら肝数値が少し上昇していました。
それがきっかけとなり肝臓を保護するサプリでは評判が良いレバリズムLを飲み始めました。これを飲み始めてから半年ほどですが
朝の寝起きも良いですし疲労しにくい体になりました。お酒を飲んでも二日酔いになりにくくなり肝臓機能がかなり改善されたような気がしています。
(50代女性)

疲れやすかった体調が整った。
今までは午後になると、疲れが出て、居眠りをしたり、仕事がはかどらなかったが、サプリを飲んだ時は、午後の疲れが解消された。
また、お酒をたくさん飲んでも翌日まで疲れが残らなくなった。
(40代男性)

牡蠣をサプリで摂取する利点は?

牡蠣であれば料理で摂取してもよいのでは?と考えるかもしれません。

もちろんそれでも良いですが、サプリならではの利点があります。

有効成分摂取が効率的

肝臓の有効成分は単発で摂取してもあまり意味がありません。

毎日継続してこそですが、牡蠣料理で毎日摂取するのはほぼ不可能でしょう。

食材調達や料理の手間が大変ですから、

特に仕事で忙しい人には現実的に無理です。

また牡蠣自体の単価が高く、毎日摂取するのであれば、

サプリメントで摂取したほうが結果的に安上がりになります。

食中毒の危険が無い

牡蠣を食べるうえで注意したいのが食中毒です。

生ガキが最も調理の手間が少ないですが、その分食中毒になる危険性が高いのです。

防ぐためにはよく熱することですが、

調理の手間がかかりますし、料理を考えるのも大変。

サプリであれば食中毒の危険はまずありませんから、

安心して摂取できるのです。

習慣化しやすい

牡蠣のタウリンや亜鉛、アミノ酸は単発でなく摂取し続けることが大切です。

できる限り毎日摂取することが望ましいですが、

料理で摂取しようとすれば、かなりの手間もかかりますし、

実際は現実的では無いといえるでしょう。

サプリであれば、毎日数粒程度でOKですから、習慣化しやすいのです。