肝臓ケアを考える人なら『しじみ・オルチニンサプリ』は聞いたことが多いかもしれません。

最近はTVCMや広告などでも見かけることが多いです。

しじみはオルチニンという栄養素が豊富で、それが肝臓に良いんですね♪

そんなしじみサプリですが、数多くあるので初めて選ぶ際は迷ってしまうのではないでしょうか?

そこで、ここではアンケート調査や比較検討した結果をもとに、

おすすめのサプリメントをランキング形式でご紹介!

またそもそもしじみの肝臓への効果とは?副作用はないのか?という点についても解説していきます。

種類がある!じじみは肝臓にどう効果があるの?

実は一口に肝臓に良い食材や栄養素といっても、肝臓への作用は微妙に違うことをご存じでしょうか?

そもそも肝臓はアルコールや有害物質を無害なものへ分解する解毒をおこなう器官で、

解毒する際、少なからずダメージを受けます。

しかし臓器としては珍しい自己修復機能がついているため、普通はもとに戻るのです。

 

ただ過度に解毒作業が発生すると、自己修復機能がおいつかず、

肝臓が悪くなり、脂肪肝や肝硬変、最終的にはガンになる可能性が出てくるのです。

また肝硬変までいくともはや元通りには戻りません。

 

では肝臓に良いとは具体的にどういう作用なのでしょうか?

  • 肝臓を守る
  • 代表栄養素:クルクミン
    肝臓は有害物質や酸化物質が多くなりすぎると、負担になり、やがて肝機能が低下します。
    そこで抗酸化作用の栄養素を摂取することで、肝臓を守る働きをします。
    主に二日酔い改善、肝機能の低下を防ぎます。

  • 肝臓を作る(再成する)
  • 代表栄養素:オルニチン、アミノ酸
    肝臓は自己修復機能を助け、肝臓を再生する働きを促進させます。
    肝機能の数値、脂肪肝などの改善につながります。

  • 肝臓の働きを補助する
  • 代表栄養素:タウリン、亜鉛
    肝機能の処理能力をアップさせ、肝臓の働きを促進させます。
    肝臓はアルコール・有害物質などを解毒する器官ですので、
    処理能力をアップさせれば、二日酔い改善や倦怠感・だるさ改善につながります。

肝臓にダメージを与える前に守ること、

肝臓自体の処理能力を高めること、

肝臓の再生能力を高めることの3つに分かれるんです。

 

ではしじみはこの中の何に該当するのでしょうか?

じじみにはオルチニンとアミノ酸が豊富に含まれています。

つまり肝臓の再生能力を高めることに長けた食材なんですね。

じじみサプリはどんな人におすすめ?

基本的には一部を除き、肝臓が気になる方であれば服用していただいてかまいません。

ただ肝臓の処理能力を高める効果に長けているサプリですから、

既に肝臓が弱っている、肝臓機能が低下している人が特におすすめです。

年齢的に見ると、肝臓再生機能が落ちてくる、

30代後半以降の男女に重宝するのがしじみサプリでしょう。

 

最近お酒の飲む量が増えたのでというよりは、

同じ量を飲んでいるのに昔より酒が残る、2日酔いしやすくなった、

昔よりも寝ても疲れがとれず倦怠感が残る、

健康診断で肝臓の数値が悪くなった、脂肪肝と診断された、

などいずれも肝機能が低下していることが原因です。

こうした場合肝臓の再生能力を高めることで、

より高い症状の改善が期待できます。

 

逆に肝硬変まで進んでしまっている人、C型肝炎の人はしじみサプリはダメです。

しじみに含まれる亜鉛が逆にこれらの症状を進行させてしまうからです。

女性なら美容やカルシウムを補うのにも!

じじみは必須アミノ酸やビタミン・カルシウムが豊富な栄養素でも知られています。

下記は貝類のアミノ酸やビタミン・カルシウム含有量を比較した表です。

表1 肝臓に良い栄養素の比較(文部科学省 日本食品標準成分表より抜粋)
食品名必須アミノ酸(㎎)        アミノ酸(㎎) ビタミン  ミネラル(㎎) 
トリプトファンリシンメチオニンフェニルアラニントレオニンバリンロイシンイソロイシンヒスチジンアラニングルタミンビタミンA
(カロテン)
ビタミンB2ビタミンB12カルシウム
しじみ75400150230310300380250120440680120μg0.25mg62.4μg130mg5.3mg
あさり5738013020025024037022011038081022μg0.16mg52.4μg66mg3.8mg
はまぐり6137013018022024037022013047076025μg0.16mg28.4μg130mg2.1mg
牡蠣584001402202602503702201303608506μg0.14mg28.1μg88mg1.9mg

 

しじみは他に比べすべての含有量が高く、

食品に含まれているかを判断する指標の「アミノ酸スコア」は

100点中1000の食材です♪

 

必須アミノ酸は肝機能再生はもちろんですが、

お肌の新陳代謝や再生にも必要な栄養素です。

また女性はカルシウム不足になりがちですが、

肝機能が低下するとよりカルシウムを吸収することができません。

ですがしじみに含まれるカルシウムと吸収をサポートするビタミンによって、

カルシウム不足を補ってくれるんです♪

おすすめのしじみサプリランキング!

しじみ習慣

  • 評判
    肝臓健康成分
    価格
    有名度
    肝臓サポート成分 しじみ
    通常価格 1,980円
    定期購入価格 1,782円

 

ここがおすすめ!

  • 口コミ、知名度ともに人気No1のしじみサプリ!
  • 低価格、1日2粒の気軽さで続けやすい!
  • 臭いが無いから会社で飲んでも大丈夫!
TVCMでも放映されている『しじみ習慣』。今回調査した中で口コミ一番人気の商品です。
しじみの濃厚な栄養素を凝縮しているため、1日たった2粒で良いという手軽さ
またサプリを服用した後、口からしじみの独特の香りがしないという点で、
特に女性に人気のサプリメントです。
高品質サプリとしては価格も安いので、続けやすいのも嬉しいポイントです。

利用者の声を聞いてみました!


サプリを使用してから体がスッキリしました。また、朝の目覚めもとても良くなりました。また、お酒を呑んだ時も二日酔いなどあまりしなくなったと思います。疲労回復や美肌効果にも期待ができる成分も入っているのでとても満足しています。
(20代男性)

しじみ習慣を飲むようになってから、お酒を飲んだ翌日もぱっと起きられるようになりました。以前はウコンを飲んでいたのですが、どうやら私の体にはしじみ習慣の方が合っているようです。お酒が残らないということは肝臓への負担も少ないと思うので、とても嬉しいです。
(40代女性)

私の個人的な意見ですが、他のサプリより飲みやすいです。値段も比較的安くカプセルなのでどこでも手軽に飲めるのが嬉しいです。
これを飲みだしてから、体のだるさもなくなりました。1日疲れない感じです。
(30代女性)

レバリズム・L

  • 評判
    肝臓健康成分
    価格
    知名度
    肝臓サポート成分 しじみ、ウコン、レバー肝臓エキス
    通常価格 5,980円
    定期購入価格 3,980円(2,000円OFF!)

 

ここがおすすめ!

  • 肝臓の処理能力・再生能力の両方を高める!
  • 肝臓の改善体感が早い!
  • 配合される食材・素材が高品質!
口コミ調査で第2位がレバリズムです。
しじみはもちろんですが、肝臓に良い牡蠣やスワヒレンといった高級な栄養素が沢山入っており、
肝臓の再生だけでなく、処理能力を高める作用もあるため、
直ぐに効果を実感しやすいというのが人気のポイントです。
高級栄養素のため、価格は少し高めですが早く肝臓を改善したいならおすすめのサプリです。

利用者の声を聞いてみました!


油がもたれるようになってきてレバリズムを友達に勧められて飲み続けていると、だんだんと良くなってきたように感じます。
粒なので飲むのが苦痛に感じる事もなく、毎日飲み続けれる事ができました。お酒を飲んでも次の日まで気持ち悪くなることもなくなりました。
(40代女性)

職業柄お酒を飲む機会が多く、何軒もハシゴくらいで、酔い潰れて抱きかかえられて帰る事が多かったですが、レバニズムを飲んでからは何杯飲んでも、顔色一つ変えずに自宅に1人で帰れるようになりました。ただ、2回目以降の購入は初回よりコストが倍以上高くなるので、なかなか続けて利用しにくいです。
(30代女性)

初回のみ980円コースを試しに注文しました。1週間ほどは効能を感じられませんでしたが、飲み会翌日にスッキリと目覚めることができてビックリ!深酒をするほうで翌日の午前中いっぱいは頭がガンガンするのが常だったのに驚きました。
(30代女性)

DHC オルニチン

  • 評判
    肝臓健康成分
    価格
    知名度
    肝臓サポート成分 オルニチン、肝臓エキス
    通常価格 1,131円(30日分)
    定期購入価格 無し

 

ここがおすすめ!

  • 低価格なオルチニンサプリで人気!
  • 会社の信頼性が高く安心!
しじみの栄養素オルニチンサプリとして有名なのがDHCです。
サプリメントでDHCを知らない人はいないといっても過言ではありません。
そのため信頼が高く安心して使用でき、店舗で手に入りやすいのが人気の理由です。
また価格も安いため継続して続けやすいのも利点でしょう。
ただし、口コミ調査での体感はしじみ習慣・レバリズムより劣る結果となっています。

利用者の声を聞いてみました!


病気治療の投薬により肝臓に負担がかかってしまっているとのことで、サプリを飲用し始めました。特に劇的な変化があったわけではありませんが少し代謝がよくなっている気がします。
(30代女性)

仕事の関係でお酒を飲む機会が多いためか、お酒を飲んだ翌日の朝の起床時には体に倦怠感を感じやすく、なかなかベッドから起き上がれないことがありました。
その上、鏡で見てみると顔色も土色っぽく、もしかしたら肝臓が弱っているのかもしれないと心配になってきました。
そんな時に、職場の先輩からこのサプリメントを勧められ、値段もリーズナブルだったので、試しに飲んでみることにしました。
即効性はないものの、飲み続けるうちに顔色もしだいに元に戻り、朝も心なしかスッキリと起きれるように感じました。
(20代男性)

健康診断で肝臓が経過観察要といわれて飲みました。体調の変化で特に変わったことは感じなかったのですが、次の健康診断では正常に戻っていたので、効果はあったのかな?と思います。
(40代女性)

しじみ・オルニチンサプリ総合比較表

商品名しじみ習慣レバリズム-L肝臓エキス+オルニチンじじみウコン肝臓エキスしじみ、牡蠣、
ウコンの入った肝臓エキス
じじみエキスWオルニチンしじみにんにく極極良品質しじみ・ウコンの粒
メーカー自然食研Bella PelleDHCファインORIHIROリアルメイトエコアライブヘルシーパートナー
効果への満足度
価格への満足度
会社認知度

 

しじみをサプリで摂取する利点は?

しじみであれば料理で摂取してもよいのでは?と考えるかもしれません。

もちろんそれでも良いですが、サプリならではの利点があります。

有効成分摂取が効率的

肝臓の有効成分であるオルチニンですが、

一般的に1日の摂取量の目安は500~800mgと言われています。

ですがしじみはオルチニンが豊富といっても、

100g中10~15mgほどしか含まれていないのです。

実は料理からオルチニンを摂取するのは大変難しいとされています。

サプリであればオルチニンを凝縮していますので、

摂取が簡単ですし、料理をする手間もありません。

塩分を取りすぎてしまう可能性がある

じじみを料理で摂取する場合、調理方法が難しいのが難点です。

特にじじみ料理の代表であるみそ汁は塩分が多くなりがちです。

もしなるべくオルチニンを摂取しようとすれば、

おのずと塩分が高くなってしまうのです。

塩分は腎臓に負担をかけますが、腎臓は肝臓と密接にかかわっており、

どちらか一方が悪くなると、もう一方も悪くなる相関性があります。

習慣化しやすい

オルチニンは単発でなく摂取し続けることが大切です。

できる限り毎日摂取することが望ましいですが、

料理で摂取しようとすれば、かなりの手間もかかりますし、

実際は現実的では無いといえるでしょう。

サプリであれば、毎日数粒程度でOKですから、習慣化しやすいのです。