今や日本国内に約1000万人いるといわれる脂肪肝の患者。

現代を象徴する病気として知名度はあるものの、

その本当の恐ろしさを知っている人は少ないというのが実態です。

ここでは「脂肪肝」の種類原因検査治療法改善策などと共に、

関連する恐ろしい病気についても解説します。

 

脂肪肝の種類と原因

「脂肪肝」とは、その名の通り

“肝臓に中性脂肪が溜まってフォアグラのようになった状態”です。

日本消化器病学会によると、

脂肪肝は「医学的には肝臓内の肝細胞の30%以上に脂肪空胞が認められる状態」

とされています。

人間ドック受診者の20~30%が脂肪肝との報告もありますが、

自覚症状がないため潜在的な患者数はもっと多いかもしれません。

 
脂肪肝は著しい機能障害を起こしているわけではなく、

肝機能検査をしても正常値内の場合もあるため、“病気である”というと微妙です。

しかし、検査数値に問題がないとしても健康な肝臓ではなく、

この先、重大な病気を起こすかもしれない“前段階”であることに間違いはありません。

従来は軽視されがちだった脂肪肝ですが、

現在では不安を抱えた状態であるという認識を持つことが重要とされています。

 
脂肪肝は原因によって次のように分類されています。

  • アルコール性脂肪肝
  • 非アルコール性脂肪肝(NAFLD:単純性脂肪肝とNASHに分類)
  • それぞれ詳しく見ていきましょう。

    アルコール性脂肪性肝疾患

    お酒に含まれるアルコールは、胃や小腸で吸収され、血液と共に体を巡ります。

    そして、一部は汗や尿として体外に排出されますが、

    ほとんどが肝臓にたどり着くと、そこで分解されます。

    私たちの体にとってアルコールは毒性のある物質なので、

    無害な物質に変換するのが肝臓の役割の1つなのです。

    この分解過程において、アルコールは「アセトアルデヒド」という物質に変化します。

    最終的にはアセトアルデヒドもさらに分解されて酢酸に変換されるのですが、

    お酒を大量に飲み続けていると、この分解作業が滞りやすくなるのです。

    そして、滞留したアセトアルデヒドは、肝臓での脂肪の分解を抑制し、

    中性脂肪の原料となる脂肪酸の合成を促進するため、

    肝臓内に中性脂肪が溜まり、脂肪肝になってしまうというわけです。

    適量のアルコール摂取なら肝臓に負担をかけることにはなるものの、

    脂肪肝に発展するリスクは大きくないといわれていますが、

    大量のお酒を常習的に摂取するのは論外です。

    具体的に言うと、常習飲酒とは1日の摂取アルコール量が20gに相当する

    「ビール500ml」「日本酒1合」「焼酎1合」「ワイングラス1杯」のいずれかを

    日常的に摂取することで、

    脂肪肝のリスクが増す大量飲酒とはこの3倍量の常習を指します。

    そんなに飲んでいるつもりはなくても、

    ワイングラスに3杯をほぼ毎日飲んでいたら、危険レベルということです。

    見直してみてくださいね。

    非アルコール性脂肪肝(NAFLD:ナッフルディー)

    日本肝臓学会によると、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)とは、

    飲酒の習慣がない人(1日の摂取アルコール量20g以下)に見られる脂肪肝のことで、

    さらに「単純性脂肪肝」と「NASH」に分けられます。

    まず初めに、なぜアルコールを摂取していなくても脂肪肝になるのかについて説明しましょう。

     
    肝臓には、胃や小腸から吸収された糖質・たんぱく質・脂質などの栄養素を貯蔵し、

    それぞれの栄養素を体が利用しやすい形に分解・合成する機能(代謝)があります。

    糖質は消化器官でブドウ糖に分解されますが、

    余った分はグリコーゲンや脂肪酸として肝臓に蓄えられます。

    肝臓ではこれらを貯蔵しておき、必要に応じて様々な器官に供給するのです。

    中でも脂肪酸は中性脂肪に変換され、重要なエネルギー源として体へ供給されますが、

    肝臓から運び出されるときには

    たんぱく質と結合した「リポたんぱく質」にならなければなりません。

    しかし、糖質や脂質を多く含んだ食事を続けていると、常に中性脂肪が過剰な状態となり、

    これを肝臓から運び出すのに必要なたんぱく質が不足してしまいます。

    その結果、運び出せなかった中性脂肪が肝臓内に蓄積し、脂肪肝となってしまうのです。

     
    このように、非アルコール性脂肪肝の原因は「食べ過ぎ」にあります。

    特に中性脂肪に合成されやすい「糖質」と「脂質」を好んで食べる人は注意が必要です。

    アルコール性脂肪肝に比べ、数十年かけてゆっくりと症状が悪くなっていく傾向があるので

    40代、50代以降で肥満の方は気をつけましょう。

    また、男性の方が高頻度で発症しやすいものの、

    50歳以上の女性で患者が増加する傾向にあります。

    これは閉経によって女性ホルモンが減少し、脂質の代謝が変化するためで、

    脂肪が蓄積しやすくなるからと言われています。

     
    では、原因がわかったところで、

    「単純性脂肪肝」と「NASH」について詳しく見てみましょう。

    単純性脂肪肝

    アルコールを原因としない脂肪肝

    …すなわちNAFLDのうち、比較的予後が良好なものを指します。

    簡単に表現すると、肝臓に大量の中性脂肪が蓄積しているものの、

    これらを減らす努力をすれば肝機能が改善できる可能性が高い、というものです。

    NAFLDの8~9割は単純性脂肪肝であると言われており、

    いわゆるメタボリックシンドロームと深い関係があるとされています。

    NASH(ナッシュ)

    NAFLDのうち、進行性の非アルコール性脂肪肝炎を「NASH」と呼びます。

     
    では、“進行性”の脂肪肝とはどのようなものでしょうか?

    大量の脂肪が溜まる原因は単純性脂肪肝と同じように生活習慣にあることが多いのですが、

    NASHでは単なる脂肪の蓄積にとどまらず、この肝細胞に壊死や炎症が見られ、

    肝細胞の線維化などの症状に進行していくというものです。

    “線維化”というのは、皮膚が切り傷を修復した後に少し“引きつれ”がおきるように、

    炎症を起こした肝細胞が修復を何度も繰り返しているうちに

    組織がかたくなってしまった状態です。

    「レバー」のイメージ通り、健康な肝臓は弾力と柔軟性がありますが、

    線維化を起こした肝臓は硬く縮んだようになってしまいます。

    肝臓は再生力と修復力に優れた臓器ですが、

    線維化してしまうと元の健康な状態に戻ることは非常に難しくなります。

    さらに、NASHと診断された人の5~25%が

    5~10年の間に肝硬変へ進行したという報告があり、

    自覚症状がないため発見時には肝硬変と診断されるケースが10~20%もあるということです。

    肝硬変は肝臓がんへと移行するリスクも高い病気です。

    NASH発症には生活要因に加え、遺伝的要因

    肝細胞へのダメージ(ストレス、喫煙、内毒素など)が加わることも示唆されていますが、

    諸説あります。

     

    症状と検査

    それでは、脂肪肝にはどのような症状が現れやすく、

    どうすれば見つけることができるのでしょうか?

    症状

    最大の問題点は、どのタイプの脂肪肝にも痛みなどの自覚症状が見られないことです。

    本人に自覚がなければ食生活や飲酒の習慣を改めるのは難しく、

    気づかぬうちに脂肪がどんどん蓄積していってしまうからです。

    このため、健康診断を受けた際に発覚するケースが3割程度あります。

     
    ただし、脂肪肝になっていると血液がドロドロになって流れが悪くなっているため、

    各組織へと送られる酸素や栄養分が不足しがちになります。

    その結果、疲労感がぬけにくくなったり、肩こり頭痛倦怠感などの

    症状が現れたりすることもあります。

    また、脂肪肝そのものではなく、

    その合併症となる病気の症状が先行して現れることもあります。

    例えば、肥満傾向が強まる、糖尿病による喉の渇きや多尿が見られる、などです。

    さらに、NASHのような進行性の脂肪肝から肝硬変を発症すると、

    肝機能が著しく低下するため、様々な症状が現れてきます。

    具体的には、白目や皮膚が黄色になる“黄疸”、手のひらが赤くなる“手掌紅斑”、

    毛細血管が浮き上がる“クモ状血管腫”、腹部に水が溜まる“腹水”などが見られます。

    検査

    食生活や飲酒の習慣に不安がある人、またはメタボリックシンドロームに傾向がある人は、

    血液検査を受けることを強くおすすめします。

    検査そのものは血液を少量摂るだけですので簡単ですし、

    結果は総合病院なら当日、個人病院だと数日で出してくれます。

    検査結果を見るとアルファベットの略語が並んでいますが、

    肝機能、特に脂肪肝に関していうならば、注意すべき項目と基準値は次の通りです。

    数値が基準値を上回る場合は、脂肪肝の可能性が高くなります。

     

    《脂肪肝に関係する検査項目と基準値》
    検査項目基準値
    ALT 8~41 IU/ℓ
    AST 14~32  IU/ℓ
    ɤ-GTP 男性 11~95 IU/ℓ
    女性 8~24 IU/ℓ
    コリンエステラーゼ
    (ChE)
    168~470 IU/ℓ
    ※ 検査方法により基準値が異なる場合があります。

     
    また、これらの数値は肝機能が低下していることを示すものですが、

    肝臓は代替機能が優れているため、余力があれば多少の機能低下を補うことができます。

    このため、血液検査で100%発見できるというわけではありません。

    診断を確実にするためには「腹部超音波検査」や「CT検査」「MRI検査」を併せて受け、

    画像からも診断してもらう方が良いでしょう。

    健康診断や人間ドックでは、ほとんどの病院でこれらの画像診断も行っています。

    これらの検査で疑いが強ければ、確定診断として「肝生検」を受ける場合もあります。

    肝生検とは肝臓の細胞を針で刺して取り、顕微鏡で観察する方法です。

    検査入院の必要がありますが、

    細胞内にある脂肪の割合を実際に見て判断することができるので確実です。

     

    治療

    冒頭でも触れたように、

    脂肪肝はすぐに医学的な治療を始めなければならないような“病気”ではありません。

    ですが、このまま放置すればNASHのような恐ろしい脂肪肝になる可能性があります。

    ですから脂肪肝は現時点での緊急性は低いものの、

    放置してはいけない状態と捉え、対策は取るべきです。

    もしNASHのように肝硬変へと進行してしまったら、肝臓の回復力は望めなくなりますからね。

    脂肪肝の段階で改善を図る意味はとても大きいのです。

     
    では、病院で脂肪肝と診断されたら、医師が患者に提言することは何でしょう?

    それは食生活の改善運動を勧めることです。

    蓄積する脂肪の供給量を減らすと同時に、消費を図るということですね。

    この点に関しては別項で具体策を紹介しますので、そちらをご覧ください。

    一方で、NASHは治療を要する段階ではあるものの、

    肝臓が回復する見込みが非常に低いため有効な治療法がなく、

    ビタミンE剤などの投与で対処するくらいです。

    さらに肝がんを発症した場合、

    程度によって異なりますが、切除や肝移植など必要となってきます。

     

    関連する病気

    脂肪肝はアルコール摂取や食事、運動などの生活習慣との関連が高いことがわかっています。

    肥満傾向がある人は要注意で、

    脂肪肝が見られるのは、BMI 25〜30の軽度肥満で50%、

    BMI 30以上の高度肥満では75%との報告があります.

    肥満は高血圧・糖尿病・高脂血症を発症しやすく、「死の四重奏」とも呼ばれています。

    肥満であることは脂肪肝と同時にこれらを発症する可能性を高め、

    突然死のリスクを上げてしまうということです。

    気をつけたいですね。

     
    単純性脂肪肝ではメタボとの関連性が高く、

    ほとんどの症例で肥満、2型糖尿病、高血圧、脂質異常症などを合併しています。

     
    NASHでも同様に合併症が多く報告されており、日本肝臓学会によると合併頻度は

    脂質異常症60%、高血圧60%、空腹時高血糖30%、メタボリックシンドローム50%

    となっています。

    加えて狭心症心筋梗塞などの心疾患との合併率も高いと言われ、

    進行すると発症しやすい肝硬変肝がんにも注意が必要です。

     

    改善策

    脂肪肝の段階でなら、肝機能の回復は十分に可能です。

    一刻も早く肝臓内の脂肪を減少させ、正常な状態に戻してあげましょう。

    脂肪肝の改善策は前述の通り食生活の改善運動がポイントです。

    効果的な方法を紹介しましょう。

    食生活

    具体的には糖質と脂質を多く含んだ食事を大幅に減らし、

    タンパク質や繊維質な食材を多く摂るようにしましょう。

    特に体内で脂肪に変換されやすい糖質の摂取は控えましょう

    お酒も糖質ですから、もちろんNGです。

    果物に含まれる果糖は特に中性脂肪に変わりやすいので、

    食べたいなら朝に半分くらいにしておきましょう。

    この点に気をつければ、お腹いっぱいに食べても肝臓に脂肪は溜まりにくいですよ。

    逆に断食のようなダイエットは脂肪肝になるリスクが高まると言われていますので、

    必要な栄養はタンパク質を中心にしっかりと摂取するようにしましょう。

    豆製品鶏肉はおすすめの食材ですし、白米を玄米に変えるのも良い方法です。

    また、味付けが濃いと箸が進みますので、薄味を心掛けましょう。

     
    体脂肪と比べて肝臓の脂肪は落としやすく、つきやすいという特徴がありますから、

    効果が現れるのも早いのですが、さぼると元に戻りやすいとも言えます。

    一説によると、

    再発した脂肪肝はNASHに進みやすい傾向があるとされていますので、要注意です。

    継続が大切ですね。

     
    また、コーヒーが脂肪肝を予防するのに効果があるという報告が

    国立がんセンターから発表されています。

    コーヒーにはカフェインが含まれているので、

    人によっては眠れなくなる・胃が痛くなるなどの弊害もありますが、

    目安として1日に2~3杯が良いようですよ。

     
    なお、NASHや肝硬変では鉄が過剰に貯まりやすく、

    肝臓の炎症が悪化してしまうため、鉄分の摂取には注意が必要です。

    レバーや貝類の摂り過ぎには気をつけましょう。

    運動

    食事の改善を行いながら運動することが前提ですが、

    肝臓の脂肪軽減に高い効果があることがわかっています。

     
    適した運動は脂肪の燃焼を促進する有酸素運動です。

    気になるのは「運動をどのくらいしたら良いか」という点ですが、

    筑波大学の研究によると、“1週間に250分以上の早歩き”が

    肝臓に蓄積した脂肪の減少に効果があったそうですので、これを目安に頑張ってみましょう。

    研究報告によると、体重やウエストが減っていなくても肝臓の脂肪量は減少し、

    炎症を防いだりする物質や善玉コレステロールが増えるそうですから、

    見かけに惑わされず続けましょう。

     
    また、運動には脂肪肝によって低下した肝機能を補う効果もあります。

    これは肝臓で代謝が行われるのと同じように、

    筋肉には糖やアミノ酸の代謝を促したり有害物を分解したりする補助的な機能があるからです。

    肝臓の負担を和らげることは機能回復につながりますから、

    積極的に運動を採り入れましょう。

    通勤や外出時にウォーキングを心掛け、歩く距離を増やしていけば、

    わざわざ運動の時間を設けずに済みますので、是非実践してみてください。