お酒が肝臓に良くないと知りつつも、ついつい飲み過ぎてしまう…よくあることですよね。

でも「なぜお酒が肝臓に良くないのか」と聞かれると、悩む人も多いかもしれません。

さらに肝臓にどんな影響が出るのか、どこまでなら問題ないのかも気になりますね。

ここでは、肝臓とお酒の関係について、

その仕組み検査の詳細と、肝臓を休める方法について解説します。

 

肝臓とお酒の関係

肝臓は500種類以上の仕事をこなす体内の化学工場ともいわれる臓器です。

代表的な機能には、栄養素の分解や合成を行う「代謝」、消化を助ける「胆汁の合成」、

有害物質を処理する「解毒」があり、

お酒に含まれる“アルコール(エタノール)”の代謝も肝臓で行われています。

なぜお酒が肝臓に悪いかを知るために、もう少し詳しく説明しましょう。

アルコール代謝の仕組み

お酒を飲んだ時の“酔い”の正体は、アルコール分です。

アルコールは非常に水に溶けやすい物質なので、

摂取すると約20%は胃から、80%は小腸からすみやかに血液中に吸収され、

肝臓へと運ばれます。

肝臓の細胞には“アルコール脱水素酵素”などがあり、

これらの働きによって“アセトアルデヒド”という物質に分解されます。

アセトアルデヒドは毒性が高く

吐き気や頭痛を起こしたり、顔を紅潮させたり動悸を早めたりする物質なので、

さらにこれを分解する“アルデヒド脱水素酵素”の働きによって

無害な“酢酸(お酢の成分)”に変わります。

これが血液と共に全身を回るうちに水と二酸化炭素に分解され、

尿や汗・呼気として体外に排出されるのです。

アルコールの代謝にかかる時間

もちろん、お酒の量によっては肝臓を1回通過しただけでは処理しきれないこともあります。

その場合は全身を巡った後、再び肝臓に戻ってきたときに分解が行われ、

最終的にはほとんどのアルコールが肝臓で処理されます。

しかし、肝臓で作用する酵素の型などは遺伝によって決まっており

日本人の場合は反応性の低い型の人が多く、世界的にみるとお酒に弱い民族と言えます。

 
では、一般的にどのくらい時間がかかるのでしょうか?

厚生労働省『eヘルスネット』によると、

アルコールは飲酒後1~2時間でほぼ吸収され、吸収と同時に分解がスタートするそうです。

アルコールの分解速度は個人差が非常に大きいですが、

その平均値は男性でおよそ1時間に9g、女性で6.5g程度とのことです。

例えば、ビールの中ビン1本に含まれるアルコール量(20g)で単純に計算すると、

すべてのアルコールを代謝し終えるのに

男性で約2時間、女性で約3時間かかるということになります。

もちろん、遺伝的な酵素の型の違いなどがあるので、

お酒に弱い人はもっと時間がかかるということです。

さらに、大量に飲めばそれだけ処理時間も増すということになります。

また、アルコールは血液によって運ばれますから、

血流や血圧、その日の体調など複雑な要因も絡んできます。

目安として覚えておくと良いでしょう。

肝臓に与えるダメージ

このように、お酒を飲んだ時のアルコールの処理は肝臓で行われています。

では、それによって肝臓にどのような弊害が生じるのでしょうか?

 
肝臓は栄養素の代謝を行う器官として脂質の代謝も行っています。

しかし、お酒を飲むと有害物であるアルコールの分解を優先するために、

脂質の代謝が後回しになっていきます。

もともと肝臓には脂質を蓄える機能があり、10%程度の中性脂肪を貯蔵しています。

通常は各器官の必要に応じて脂質を供給しているので、

これ以上にもこれ以下にもならないようにコントロールされているのですが、

大量のアルコールの分解に多くの肝細胞が駆り出されてしまうと、

脂質を代謝するための余力がなくなってしまうのです。

すると、肝臓に中性脂肪が溜まってしまうことになります。

この状態でお酒を飲み続けると肝臓に負担がかかり過ぎ、炎症を起こして腫れてしまうのです。

これをアルコール性肝炎といい、重篤な肝疾患につながりかねない危険を孕んだ状態です。

詳しくは別項にて解説しますね。

 

肝機能低下のサイン

肝臓は“沈黙の臓器”と呼ばれるほど、

相当なダメージを受けるまで自覚症状が現れにくい器官です。

ですから、本人が異変に気付いて医療機関を受診するよりも前に、

健康診断などの検査で肝機能低下が発見されるケースも珍しくはありません。

ここでは肝機能にまつわる検査について紹介しましょう。

血液検査

血液検査は体の内部に起こった異変をいち早くキャッチできる簡易検査の1つです。

中でも肝機能の指標となるものは、一般的な血液検査の項目でもトップクラスの多さです。

これは、肝機能が正常かどうかが私たちの健康にとって重要であることと、

それだけ多くの項目に肝臓が関与していることの表れとも言えるでしょう。

指標となる項目はたくさんありますが、

特にお酒によるダメージに注目するのであれば、次の3つが重要となります。

  • ɤ-GTP
  • ALT(GPT)
  • AST(GOT)

これらはすべて肝臓の細胞を中心に存在する酵素で、

エネルギー代謝やタンパク質の分解・合成に関わっています。

お酒や肝炎ウイルスなどの影響で肝細胞が壊れると、これらの酵素が血液中に流れ込むので、

肝細胞が破壊される原因があることが推測できるわけです。

肝細胞には他にも多数の酵素がありますが、

特にɤ-GTPはお酒や肥満などが引き金となって大量に合成されることがわかっています。

また、ALTとASTの比率によってどんな肝疾患かの推測ができる点も重要です。

肝臓に障害があるとALTもASTも上昇しますが、ウイルス性肝炎ではALTの上昇が目立ち、

アルコール性肝炎ではASTの上昇が目立つとされています。

血液検査ではこれらの点に着目し、

正常値から逸脱する場合には再検査や精密検査を勧められます(下表参照)。
 

《検査数値と疑われる肝臓の病気》
検査項目正常値異常値
ɤ-GTP男性11~95IU/ℓ
女性 8~24IU/ℓ
軽度:基準値の上限~100
中度:101~200
高度:201~500
超高度:501以上
AST14~32IU/ℓ軽度:33~100
中度:101~500
高度:501以上
ALT8~41IU/ℓ軽度:42~100
中度:101~500
高度:501以上

 
なお、これらの酵素は胆管や腎臓などにも存在しますので、

異常値が認められても必ずしも肝臓に原因があるとは言い切れません。

特にASTやALTは心筋梗塞や筋ジストロフィーなどでも変動します。

ですから、必ず項目全般を考慮して判断することが必要です。

他の臓器に特異的な検査項目の数値などに目立った異常がなければ、

肝臓の異常が推測できるというわけです。

ただし、血液検査では異常の可能性はわかっても、病気の確定診断には至りません。

検査結果は血液採取時の健康状態や食生活に大きく左右されるので、

たまたま正常値を示しただけのこともあります。

検査結果だけを鵜呑みにせず、あくまでも指標の1つと受け止めるようにしましょう。

その他の検査

前項の「血液検査」は

健康な人と病気の可能性がある人を見分けるための検査(スクリーニング検査)なので、

肝臓の異常を的確に見抜くにはさらに踏み込んだ検査が必要です。

これには肝臓の場合、画像診断や生検が該当します。

 
画像診断には「超音波検査」や「CT検査」などがあります。

最近の健康診断では超音波検査と血液検査がセットで行われるケースもあるようです。

超音波検査(腹部エコー)」はX線検査(レントゲン検査)と違って放射線を使わないため

被爆の心配もなく痛みもないため、簡単に検査できる利点があります。

CT検査」では腹部の横断面に多方向からX線を照射し、

コンピュータ処理によっていわば“輪切り”の画像を

5mm単位まで細かく撮影することができます。

放射線を使用しますが、詳細に横断面を確認することができるので、

より的確な診断が可能になります。

 
一方の「生検(肝生検)」とは、

画像検査などで肝臓に異常が認められる場合や

何らかの症状があって肝疾患が疑われる場合などに行われる検査です。

腹部に針を刺し、肝臓の組織を採取して顕微鏡で直接診断できるため、

肝疾患の進行程度をより的確に把握することができます。

検査時間は数十分程度ですが、麻酔や止血が必要になるため、

1~数日間の入院が必要となります。

 

お酒が原因となる肝臓の病気

お酒が原因となって発症する肝臓の病気を「アルコール性肝障害」といいます。

国立国際医療センターの“肝炎情報センター”によると、アルコール性肝障害とは

長期(通常は5年以上)にわたる過剰の飲酒(1日に純エタノールに換算して60g以上)が
肝障害の主な原因と考えられる病態で、

  • 禁酒により 血清AST、ALTおよびγ−GTP値が明らかに改善
  • 肝炎ウイルスマーカー、自己免疫性の肝臓病を疑う検査値がいずれも陰性

という条件を満たすもの

とされています。

※お酒に弱い人や女性は1日40g程度でもアルコール性肝障害を起こしうると言われています。

ところが、肝臓には強い再生力回復力が備わっているため、

このようなアルコールによるダメージを受けても修復しながら働き続けています

そのため、初期の状態での自覚症状は「疲れやすい」「食欲がない」などの程度ですが、

気づいたときには症状が相当進行しているというケースも少なくないのです。

具体的な病例を紹介しましょう。

アルコール性脂肪肝

お酒を大量に飲み続けると、肝臓に中性脂肪が蓄積されやすくなることがわかっています。

これはアルコールを分解したときに生じるアセトアルデヒドに

脂肪の分解を抑制し合成を高める作用があるからです。

肝臓にはもともと脂肪を蓄え必要に応じてエネルギーに変換する機能があるので、

通常でも10%程度の中性脂肪を蓄えていますが、

これが30%を超えると脂肪肝と判断されます。

脂肪肝には痛みなどの自覚症状はありませんが、「ドロドロ血」になって血流が悪くなるため、

体全体への酸素や栄養分の補給が不十分になってしまいます。

そのため、疲れやすい、肩がこる、頭がボーッとするといった症状が出ることもあります。

 
脂肪肝は決して重篤な病気と言えませんが、

脂肪が過剰になった肝臓では本来の機能を十分に発揮することができないため、

大きな負担をかけ続けることになります。

その結果、以下に紹介する重篤な肝疾患へ進行する可能性が高まってしまうのです。

なお、脂肪肝の中には肥満、糖尿病、薬剤などを原因とする

「非アルコール性脂肪肝」もあります。

アルコール性肝炎

アルコール性脂肪肝の状態でお酒を飲み続けていると、肝臓に大きな負担がかかり、

肝臓に炎症が起こって肝細胞が腫れたり壊死したりするようになります。

これが「アルコール性肝炎」で、慶應義塾大学医学部消化器内科によると、

アルコール性脂肪肝でありながら飲酒を継続した人の10~20%に発症すると言われています。

肝炎が起こると食欲不振・倦怠感・発熱のほか、

右上腹部の鈍痛や黄疸などもあらわれることがあります。

さらに悪化すると腹水やむくみも出てきます。

軽度な肝炎のうちに断酒すれば治癒する可能性がかなり高いので、

悪化する前にお酒を止めるのが一番です。

中には「重症アルコール性肝炎」という重症型もあり、禁酒をしても腫大が改善せず、

肝性脳症、肺炎、急性腎不全、消化管出血、エンドトキシン血症などを合併し、

多くは1ヶ月以内に亡くなると言われています。

肝硬変・肝がん

アルコール性脂肪肝のうち、

飲酒を継続している人の30~40%に肝細胞の線維化が見られます。

これはダメージを受けた肝細胞が修復と再生を繰り返しているうちに、

コラーゲンという硬い線維が生じたもので、

これが増えていくと「アルコール性肝線維症」、さらに進行すると「肝硬変」になります。

アルコール性肝炎でも断酒をしないと線維化が進み、同様の症状を呈します。

この線維化した細胞をもとの正常な肝細胞に戻すことはできないため、

肝臓は硬く小さく縮んで、著しい肝機能の低下がおこります。

これにより、手掌紅斑、クモ状血管拡張、黄疸、腹水などの

自覚症状が見られるようになります。

より進行した状態では肝不全に陥り死亡するケースや、

線維化した細胞ががん化して肝がんになるケースもあります。

 

肝臓を休める方法

肝臓はとてもたくさんの仕事をこなす働き者ですが、働き続ければ疲弊します。

きちんと休ませることも、

働きやすい環境を作ってあげることも肝臓を労わるには必要なことです。

 
肝臓を休ませるには、断酒が一番です。

乱暴な言い方になりますが、体にとってお酒を飲むということは

“わざわざ毒を飲んで肝臓を働かせる”ことに他ならないからです。

また、タバコを止め、ストレスを解消することも大切です。

喫煙やストレスによって、体内の活性酸素が増加することがわかっていますが、

活性酸素には細胞やその内部のDNAを傷つけてしまうことがあります。

ただでさえ働き詰めの肝臓に余計なダメージを与えるのは避けるべきです。

そして、十分な睡眠を取りましょう。

肝臓は代謝器官でもあるので、

飲食すれば消化と分解を、活動すればエネルギーの供給を行わなければなりません。

これを最低限に抑えられるのは、多くの活動が停止している睡眠時です。

肝臓として働かなくてよければ、

自分の修復や回復、再生にエネルギーと機能を回すことができますね。

 
一方で、肝臓が働きやすい環境を作ることも重要です。

それには軽めの運動が最適です。

肝臓はたくさんの化学反応を行う器官なので、反応に用いる酸素と材料がたくさん必要です。

それを肝臓へと運び込み、生成したものを速やかに運び出すのは“血液”です。

運動によって血流を良くすることは、肝臓のサポートに繋がるんですね。

特に有酸素運動である“ウォーキング”“サイクリング”“軽いジョギング”

“水泳”“エアロビクス”などはおすすめです。

横たわることも肝臓への血流をアップさせるので、

肝臓の疲れを感じるときは意識的に横になる時間を設けるようにしましょう。

 

適切なお酒の量とは?

肝機能が低下していない健康な人なら、

適切な酒量であれば肝臓への負担なくアルコールを分解することができます。

公益社団法人アルコール健康医学協会によると、適量とはアルコール換算で20gとのことです。

これは、ビール中瓶1本、日本酒1合(180㎖)、焼酎0.6合、ウイスキー60㎖(ダブル1杯)、

ワイン180㎖、缶チューハイ(アルコール度数5度)1.5缶に相当します。

もちろん、お酒の弱い人の適量はもっと少なくなりますね。

加えて、休肝日を週に数日もうけるなどして、肝臓が回復できる期間を作りましょう。

 
もし肝臓に異常のサインが見られたら、

自覚症状の有無にかかわらず、まずは断酒を実行しましょう。

アルコールによる肝機能の低下は、断酒を早く実行すればするほど回復する確率が高まります。

線維化が進行すると回復が難しくなってしまうので、

健康診断の結果などを参考に、お酒と上手に付き合っていきましょう。